TOP

Copyright © 2012 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved.
License to GameOn Co., Ltd.
当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。
四つ葉日記はリンクフリーです。
TOP画像大募集中!あなたの画像をTOPに飾ろう!(800 * 200 px)
redfan.gif
redfan.gif

■ ニコ生放送 

 しげのニコ生放送! 狩りとかGVとかいろいろやってるよ!

■ アイテムデータベース

 全アイテム一覧
■ モンスターデータベース

 全モンスター一覧
■ マップデータベース

 マップデータ一覧

 

スポンサーサイト
--------│--:--│

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

 

対 武道家
2009-01-31│00:00│ comment(0)

 

 

突然ですがちょっと今日は

うちのGメンが苦手そうな 武道の倒し方 について簡素にまとめてみようと思います。

 

 

 

 

 

まず武道家とは、

防御系スキルの優秀さから全職中No、1の死亡率の低さをほこる職です。

 

主に、仰け反る、防御、分身などのスキルを駆使し、混戦でもHPの減りを最小限に抑えることができます。

 

600超えたキャラが武道になるとほとんど倒せませんよね

その倒しにくさは火力職ならよくご存知だと思います。

 

 

ではどうすれば武道を倒すことができるのか?

 

 

ここではLv600程度の武道を対象として考えていきたいと思います。

 

 

 

先ず前提に置くこと

 

武道は 混戦中には倒せない。

 

 

ということです。

通常GVが始まり両者が合間見えて戦闘を行っている状況では武道はほぼ確実に倒せません。

その場合は物資の無駄なので火力職は武道にちょっかいを出さないようにすること。

多少例外(ディスペ等)がありますが基本は武道は無視でOKです。

 

混戦からこちら側が相手を押し始め、敵側が崩れ始めた場合は武道を狙うことも可能です。

 

 

 

さてここから武道を倒す上での知識を覚えましょう。

 

まずはスキル。

武道を倒すためには武道のスキルを知らないと話になりません

 

まずはコレ

仰け反る.PNG

武道の一番厄介と言われるスキル。

仰け反る です。

 

こいつは魔法攻撃、物理攻撃 1回1回に発動判定を持ち攻撃された場合Slvによって決められた確立発動し、2秒間の無敵時間を使用者に与えるスキルです。

エフェクトは武道の周りに鳥が飛び立つエフェクトが見られます。

 

あと本当に覚える必要があるのはコレ

分身.PNG

武道の真髄はこっちだと思ってます。

こいつは使用者の後ろに自らの分身を生み出し、相手から受ける攻撃を無効化してくれるスキルです。

分身はシーフに変身した際でも引き継ぐことが可能です

多段攻撃に対し絶大な効果を発揮し、パラレル、ビット、ダブスロ等の攻撃をほぼ無効化することが可能になります。

ただし、被弾回数に制限があり約2~4回程度の攻撃を無効化すると分身は消滅します。

多段攻撃はスキル使用回数が無効化回数としてカウントされる模様であると思われる。

単発攻撃、魔法攻撃は1回1回に無効化回数がカウントされる、火雨、氷雨なども1発1発がカウントされる模様。

 

 

 

武道を倒したい場合はこの2つのスキルの仕様を頭に叩き込むこと。

がむしゃらに攻撃したところで無駄なだけです。

 

 

次に武道のステータスとGV時の物資について覚えること。

 

まずステータス関係、

 

シフ、武道は運自動上昇である。

力、敏捷、健康、運にステータスを振り、知識、知恵、威厳は基本的に装備分を満たす為の2桁程度である。

威厳に関して、ほとんどのキャラは指で固定100↑を装備している。

武道の攻撃速度は本体のLvと装備補正等に関係する。

シーフは武器速度と装備補正等に関係する。(ブレイブ系装備の場合は大抵6~8フレ、UM装備の場合は3~4フレ)

 

物資は個人差によるが基本的に  依存。

シュトラ産速度石、刀油、心臓、フルチャ、フルヒ、万病(元気回復剤)である場合がほとんど。

純武道の場合は 花 とディスペ対策にフルチャ、心臓を多めに持っていく場合が多。

 

 

このことからシフ武道の弱点はディスペによるCP吸引が天敵であるといえる。

威厳固定が主のシフ武道はLvが高くなろうとほとんどCPが1000行くか行かないか程度になるので、純天使のディスペを食らった場合2~3回のディスペでCPが マイナス になる。(ココ重要)

 

 

上記から武道の効率的な撃退法は天使を利用したCP吸引法である。

 

 

最初に書いたが、武道は混戦状態ではまず倒せない。

理由は 「仰け反るが常に発動している状態になれるため」 

相手を押し始め、武道が単体で残ったり、相手の武道以外はほぼ壊滅している場合、

しつこく味方BISに敵武道が粘着してついてくる場合など、武道を倒すことに転じるのは優先順位的に最後でいいので他職が生きてるなら先ずはそっちから倒すように。

例外として武道がシーフになっている状況。その場合は狙ってOK。

 

 

武道を倒す場合に絶対にやってはいけないこと。

 

1.テイマーのPETによる攻撃

2.火雨、氷雨、DT、メテオなどの魔法攻撃「全て」

3.多段攻撃を持たないプレイヤーの攻撃

4.多段攻撃でもタイミングを合わせていないがむしゃらな攻撃

 

この順番 、上から順に 相手武道の心境です。

 

ペットの攻撃=攻撃してくれてありがとう^^

魔法攻撃=安全地帯たすかるわ~ww

単発攻撃=おw、らっきー^q^

多段の適当攻撃=ひょえ~コワイコワイw

 

 

武道を倒す上で注意しなければいけないことは 全員攻撃をやめる ということ。

攻撃回数を必要最低限の多段攻撃に絞り込む

多段物理職以外はおとなしく見守ることw

 

この条件を守った上で天使によるディスペをひたすら行うこと。

分身はまだ消す必要はありませんとにかくディスペを行っている時に仰け反るを発動させないこと!

仰け反る発動中はディスペすら無効化してしまいます。

 

天使がディスペを行っている時は多段攻撃を持った火力はひたすら武道を観察すること

武道の行動を見れば今の物資の持ち具合、ディスペによる苦しみの割合、CPの保持具合等ほぼ把握することができるはずです。

 

以下、例。

常時ディスペを受けている状況と仮定します。

例4.PNG

例1:分身を保持したままアイテムを使う様子なく逃げる、もしくは攻撃してくる。

まだ相手の物資は余裕です。ディスペを苦にしておらず、心臓を使用している可能性大

数回攻撃をして分身を消してもすぐ分身を出すようなら確実に心臓使用中。

心臓が切れるまで放置しましょう

 

 例3.PNG

例2:分身を保持したまま数回、回復剤を利用しているエフェクトが見られる。

まだ物資にある程度の余裕があり、フルチャを使用してCPがマイナスになることを防いでいます。ひたすら吸えば武道は確実に逃げに入ります。ここから心臓を使場合は 例1のように放置。

 

例2.PNG

例3:分身は保持しているが複数の回復剤を利用しているエフェクトが見られる。

厳しい状況といえます。確実に花を利用してCPがマイナスになることを防いでいますがディスペに対して花では絶対に間に合わずにCPがマイナスになるので。武道は確実に逃げに入ります。

ディスペ数回→多段攻撃を叩き込むを続ければ倒せます。

 

 

主にこの3パターンの行動を見極めることができれば倒せる確立が上がるはずです。

 

 

ちなみにシフ武道に多段攻撃を仕掛ける前に分身は必ず消して攻撃すること。

相手が分身を出してシーフになっている場合

剣士ならまず数発ウォークライを浴びせて分身を消す。

アチャならまず雨を1回相手の上に落として分身を消す。

どちらも分身を消すのに非常に有効なスキルなのでお試ししてください。

 

 

おしまい。

 

 

スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック:

コメント:

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


カウンター

プロフィール


四つ葉日記に誤アクセスありがとうございます。


Twitter始めました!

RSS 新着記事

今日の運試し

データエリア

■ アイテムデータベース

 アイテム一覧
■ モンスターデータベース

 モンスター一覧
■ マップデータベース

 マップデータ一覧
■ クエストデータベース

 クエストデータ一覧
■ Nxユニーク

 Nxユニークはこちらから


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

2015年 01月 【1件】
2014年 11月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【3件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【1件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【4件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【4件】
2012年 12月 【5件】
2012年 11月 【6件】
2012年 10月 【4件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【6件】
2012年 07月 【12件】
2012年 06月 【9件】
2012年 05月 【7件】
2012年 04月 【10件】
2012年 03月 【7件】
2012年 02月 【7件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【5件】
2011年 11月 【7件】
2011年 10月 【3件】
2011年 09月 【4件】
2011年 08月 【5件】
2011年 07月 【6件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【5件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【6件】
2010年 12月 【7件】
2010年 11月 【8件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【4件】
2010年 08月 【6件】
2010年 07月 【8件】
2010年 06月 【2件】
2010年 05月 【3件】
2010年 04月 【7件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【12件】
2010年 01月 【8件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【6件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【8件】
2009年 06月 【10件】
2009年 05月 【12件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【11件】
2008年 12月 【13件】
2008年 11月 【13件】
2008年 10月 【13件】

最新記事

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。